認知症高齢者が自由に徘徊できる社会

認知症高齢者にとって 自由に徘徊、外出できる社会に一刻も早くなるように、ソフト、ハードの仕組みづくりが必要です。 社会の変化に応じた、ソフト、ハードの改善・対策 ソフト、ハードの完成までの間、免許証の自主返納等の対策は、暫定措置としては重要だろうと思います。 ただし、基本は、目標とするところは、高齢者が自由に生活できる社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木村草太准教授 「安保法制にこれから歯止めをかける方法」を読んで

木村草太准教授の寄稿文  安保法の廃止をめざし、違憲訴訟も行っている団体が主催する賛同人募集を目的の一つとした集会で配布された資料の中に、木村草太准教授の下記の寄稿文があった。   寄稿文『安保法制にこれから歯止めをかける方法』  (2016年1月14日にWEB「現代ビジネス」に寄稿した文章)  違憲訴訟の原告の一人である者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DNA鑑定 嫡出推定 寺中誠教授  水野紀子教授  

1、子どもの人権と嫡出推定   イ、最高裁の判決(平成26年7月17日)を含め、裁判での親子関係の存否の決定は、次のように言える。     初めに信頼する学説ありき ⇒ 学説に事実をあてはめ ⇒ 親子の存否を決める   ロ、子どもの人権を優先することが重要だ。     事実を評価 ⇒ 子どもの人権にとっての親子の存否 ⇒ 適用学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元NHKプロデユーサー 永田浩三さん メディアの危機

著書タイトルから見るメディアの危機 書名を見るだけで永田浩三さんの主張、マスメディアの危機が分かる。 メディアが重要な使命の一つである「権力監視」と「権力批判」能力を失っている状況が分かる。 • 「NHKと安倍政権」『公正中立がメディアを殺す』(共著) 2016/04/20 • 「隙だらけ好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青山特別支援学校の開校と工事計画変更

開校を喜ぶ 青山特別支援学校は、当初の予定通り、26年4月に開校したようです。 ところが実際は、新校舎の完成が遅れたために港特別支援学校を間借しての開校だったそうです。 26年6月に新校舎が完成し、9月から新しい校舎で教育・研究を開始したと最近になって聞きました。 新校舎の完成が遅れたのは、工事計画変更の求めに東京都が応じた結果…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more